TokyoCasinoOnline

2016年に統合型リゾート推進法、2018年に統合型リゾート実施法が成立した後、統合型リゾートの形で日本のカジノゲーミングを合法化することを目指して、いくつかのアップデートやアクションが行われてきました。2020年に長い間休止していたIRカジノプロジェクトは、今年、カジノ規制案を出して復活しました。

去る4月2日、日本のカジノ規制委員会は、将来の日本のカジノをどのように運営するかを示す規制案を発表しました。この草案では、統合型リゾートのカジノフロアで使用可能なカジノゲームも明らかにされています。このゲームは、現在日本で禁止されている21種類のカジノゲームで構成されており、政府のIR開発計画の一環として合法化される予定です。

カジノフロアで許可されるゲームは、2種類のバカラ、4種類のブラックジャック、8種類のポーカー、ルーレット、シックボー、クラップス、カジノワリー、マネーホイール、パイゴウなどのほか、カジノスロットやビデオポーカーなどの電子ゲームです。.

この規制案では、将来の日本の陸上カジノのカジノフロアで認められる電子ゲームのRTP(Return to Player Percentage)についても強調されています。規制案によると、電子ゲーム機のRTPは90%以上で、100%に達しないことが求められています。.

この規制はネバダ州に類似していますが、マカオやオーストラリアのようなアジア太平洋地域の他の司法管轄区では、カジノフロア内で85%という低いRTPが認められています。

カジノ規制委員会は、提案された9つのカジノゲームを含む最近発表された規制案について、一般からの意見やフィードバックを集めました。

同委員会は、5月9日まで意見を受け付けていました。寄せられた意見は、日本の最終的なカジノ規制を決定するために活用されます。

パチンコはリストに入らず 

興味深いことに、日本で有名なパチンコやパチスロは、承認されたカジノゲームのリストには含まれていませんでした。また、日本で人気のある麻雀もリストに含まれていませんでした。

カジノ規制委員会が、カジノフロアで許可されるゲームのリストにパチンコを除外したことには、多くの人が驚きを隠せませんでした。

しかも、パチンコのプレーは国内では完全に合法です。パチンコゲームの運営者は、日本のギャンブルルールを回避するために、現金の代わりに特殊景品をプレイヤーに提供しています。しかし、パーラーで集めたパチンコの特殊景品は、店の外で本物のお金と交換することができます。

現在、何千ものパチンコ店が日本全国に広がっており、各店は毎年新しいパチンコ機を導入しています。

その他の重要な規制

また、発行された規則案では、「社会的信用」を確保するために、すべての主要な関係者、カジノおよびIRカジノ事業者の幹部について、事前のバックグラウンドチェックと調査が求められています。委員会は、事業者の犯罪歴や財務記録、組織犯罪との関連性の有無などを確認します。

この規制案では、問題のあるギャンブラーへの対処法についても取り上げられています。 公表された規則にもあるように、カジノはギャンブル依存症の疑いのあるプレイヤーを禁止することができます。オペレーターは、そのプレイヤーのカジノへの入場を禁止し、毎月の入場回数を制限することができます。オペレーターは、ギャンブル依存症について相談したい人のために、相談窓口を設置することが求められます。

また、カジノフロアでは、すべてのお客様に現在の時刻を表示する必要があります。 ATM機の設置は認められません。

日本のカジノの概要

カジノ賭博の合法化の背景には、2016年のIR推進法案と2018年のIR実施法案という過去に成立した2つの法案があります。この2つの法案では、カジノ賭博は都道府県内の統合型リゾートの内部だけになります。また、中央政府はこの種の施設に対して最大3つのライセンスを発行することになっています。

IRライセンスを取得したい日本の都市は、投資して統合型リゾートを建設する意思のある民間パートナーを見つける必要があります。その上で、開催都市は中央政府に認可を申請します。

日本のIR開発に興味を示している巨大なiGaming企業は数多くあります。その一つが、米国のLas Vegas Sands Compr社です。最近のプレスリリースでは、東京と横浜に拠点を置くことを目標にしていることを明らかにしています。 

 

日本のカジノの概要

カジノ賭博の合法化の背景には、2016年のIR推進法案と2018年のIR実施法案という過去に成立した2つの法案があります。この2つの法案では、カジノ賭博は都道府県内の統合型リゾートの内部だけになります。また、中央政府はこの種の施設に対して最大3つのライセンスを発行することになっています。

IRライセンスを取得したい日本の都市は、投資して統合型リゾートを建設する意思のある民間パートナーを見つける必要があります。その上で、開催都市は中央政府に認可を申請します。

日本のIR開発に興味を示している巨大なiGaming企業は数多くあります。その一つが、米国のLas Vegas Sands Compr社です。最近のプレスリリースでは、東京と横浜に拠点を置くことを目標にしていることを明らかにしています。 

 

32Red   Intercasino Casitabi